ニートが就職するにはいくつかのハードルがあります。まずは空白期間の説明。会社によっては聞かれない所もありますが、もし聞かれたときのために、空白期間は何をしていたのかを答えられるようにしましょう。

 

 私は過去に受けた会社で空白期間が3年あったので聞かれましたが、その間はネットを使って個人で少し稼ぎ、生活分は賄っていたが、より安定した仕事へ就きたいという思いを持ち、面接を受けに来たという旨を伝えました。

 

 また、祖母の介護を行っていたのでそれも理由に加えました。実際に介護初任者研修(昔のホームヘルパー2級)を取得していたのでそれも説得の材料として上手く働きました。

 

 私も3年あまりニート生活を送りましたが、結局はその人の人柄ですし、最終的には「この人と毎日顔を合わせて仕事をしても大丈夫な人かどうか」が決めてになります。清潔感を出し、話し方もはきはきししていれば、大抵の場合は面接でそこまで悪い印象は与えません。

 

 自分で色々な会社を受けてわかったことは、「ニートという後ろめたさが自分を前に出づらくしている」ということなのです。何も空白期間があるから悪いということではありません。その期間にネットを使って稼いでいたという理由でも良いですし、親戚の会社を手伝っていたりすることも立派な経歴になります。

 

 もちろん虚偽報告はいけませんが、そうした理由付けになることはいくらでもあるということなのです。気後れすることなく、自信を持って転職活動に臨みましょう。


更新履歴